多岐にわたるマイグレーションの種類

皆さんは「マイグレーション」という言葉をご存知でしょうか?もともとは移行・移動といった意味を示す英単語ですが、そこから転じてIT業界ではソフトウェアやOSを新しい環境に移行することを指します。
ソフトウェアやOSを移行させる術はもちろん1つだけではなく、マイグレーションの中にもさまざまな種類があります。
本記事では多岐にわたるマイグレーションの種類を紹介したいと思います。

レガシーマイグレーション

老朽化したコンピュータやサポートの期限が切れたソフトウェアを破棄し、同じ動きをするシステムを新たに構築しなおして切り替えることをレガシーダイアログといいます。
これは、最近スマートフォンやゲームアプリなどでもよく行われるアップデートをイメージしてもらえると分かりやすいかもしれません。

データマイグレーション

古いソフトウェアにあるデータを抽出・変換し、そのデータを新しいソフトウェアに移転させることをデータマイグレーションといいます。
こちらは、もともとあったものを破棄して一から構築しなおすのではなく、もともとのものを抽出・変換することで新しい環境に順応できるようにするといった手順を踏むことになります。

ライブマイグレーション

元のコンピュータで稼働しているソフトウェアやOSを終了させることなく新しい環境に移行させることができる機能をライブマイグレーションといいます。
こちらは、元の稼働させているコンピュータの部品交換やメンテナンスを行う際に、一時的に稼働場所を移し替える際に主に使われます。
サービスやパフォーマンスを維持したままの移動が可能なので、何度も移動させなければならない状況の際には重宝する機能です。

適材適所で状況にあったものを

様々なマイグレーションの種類を紹介しました。それぞれのメリットを活かせる状況も多岐にわたるので、状況に応じて必要な機能を用いるようにしましょう。

仮想マシンを使う方は必見!ライブマイグレーションとは?

Windows上で別のOSを動かすことのできる仮想マシンを用いて様々なことを行うことができます。
例えば、アプリケーションのテスト用の環境が欲しいときや、旧式の環境を保存しておきたい時など、現代社会では大活躍です。
本記事では、そんな仮想マシンを使う方にとってはとても便利なライブマイグレーションという機能を紹介します。

ライブマイグレーションとは

簡単に言えば、プログラムやアプリケーションを実行させている仮想マシンを別のコンピュータに移動させる機能の事です。
例えば、稼働元のコンピュータのメンテナンスや、部品交換をするために稼働させているコンピュータの電源を落とさなければならないという状況で、一時的に移動させる際などに使われます。

ライブマイグレーションのメリット

ライブマイグレーションの最大の特徴でありメリットは、仮想マシンを移動させる際に稼働しているOSやソフトウェアを終了させる必要がないという点です。
なので、移動の度に再起動させたり設定しなおしたりという手間がかかりません。
実際に企業などでも使われているそうで、サーバーやコンピュータ間を移動させなければいけなくなった際にコストや移行期間が大幅に削減されて助かっているという声も挙がっています。
もちろん、個人で研究をしている方も使用できる機能なので、企業での使用に限らず有用な機能であると言えるでしょう。

仮想マシンの移動の新常識になるかも

これまで、メンテナンスや部品交換に伴って仮想マシンを移動させなければいけないという状況に嫌気がさしていた方も、この機能で快適な運用・研究ができるかもしれません。
仮想マシンを移動させなければならない状況になった際にはぜひお試しください。

仮想マシンの移動に重宝するライブマイグレーション

IT業界では、マイグレーションという言葉が使われることがあります。これは、ソフトウェアやOSを違う環境に移し替えることを指します。
このマイグレーションにも様々な種類がありますが、その中でも特に注目なのが「ライブマイグレーション」です。
仮想マシンを仕事や研究でお使いになる方は聞いたことがあるかもしれませんが、実際に使ったことのない方もいらっしゃるかと思います。
本記事では、ライブマイグレーションの特徴やその使用用途について紹介したいと思います。

ライブマイグレーションの特徴

一番の特徴としては「ソフトウェアやOSを終了させることなく稼働コンピュータを変えることができる」点であると思われます。
この特徴によって、元のコンピュータから提供されていたパフォーマンスやサービスを維持したまま環境のみを変えるということが実現できます。

どういう時に使われるべき?

例えば、元の稼働場所であるコンピュータに不具合が生じ、部品交換やメンテナンスを行わなければならなくなった際に用いられます。
特に、一時的な移動を目的としている場合は、元の稼働場所であるコンピュータに仮想マシンを戻すことも考えられるので、移動回数が多く見積もられます。
移動の度に、パフォーマンスやサービスが終了してしまうと、企業の運営に支障が出てしまう場合があります。
そういったときに、ライブマイグレーションによるソフトウェア・OSの終了を伴わないコンピュータ間の移動が重宝されます。

他の種類のマイグレーションもある

状況によっては、ライブマイグレーション以外の種類のものが求められることもあります。
しかし、メンテナンスや部品交換などは遭遇する確率の高い状況と言えるので、必然的にライブマイグレーションが必要となってくる状況への遭遇率も高いと考えられます。
IT系のお仕事をされている方や、情報系の研究をされている方はぜひ詳しくチェックしてみてください。

仮想マシンでトラブルが起きたら?

情報化社会と呼ばれる現代、テスト環境としてや旧環境の保存として日ごろから仕事や研究などで仮想マシンをお使いの方が多いと思います。
そんな仮想マシンで困った場面に遭遇したことはありませんでしょうか?本記事では、想定される状況に応じてどのような解決策が有効かご紹介したいと思います。

ソフトウェア開発元のサポートが切れたとき

こうなった時には、同じ動きをしてくれるシステムを構築しなければいけません。また、コンピュータが老朽化して元の環境がなくなる際も同様です。
このように、元のソフトウェアを破棄し、新しく構築することをレガシーマイグレーションといいます。

システムの更新で環境を新しくしなければならない

こうなった時には、システムを新しい環境で動くようにしなければなりません。その際、内容を新しい環境に適した形に変換しなければなりません。
このように内容を変換し、新しい環境に適応させることをデータマイグレーションといいます。

コンピュータの部品交換などのために、一時的にシステム環境を変更しなければならない

こうなった時には、システムを新しい環境に移動させなければなりません。しかし2点目と違うのはメンテナンスが終わった後、もう一度元の環境に移動させなければならないので移動回数が1回多いのです。
そのたびにサービスやパフォーマンスが止まっていては業務に支障が出るため、サービスやパフォーマンスを止めずに環境を変えるという方法を取ります。これをライブマイグレーションといいます。

仮想マシンのトラブル

仮想マシンにトラブルが起こると、他のPCで動かしたりするのが基本的な解決策となります。その際にどのようにして機能を移動させるかが状況によって違ってくるので、状況をよく見極めて適切な対処をしましょう。

パフォーマンスを維持したまま仮想マシンを移動するライブマイグレーション

IT系のお仕事をされていたり、情報系のお仕事をされていると仮想マシンと向き合うことも多々あるかと思われます。
そんな仮想マシンを、別のコンピュータに移動するのに便利な「ライブマイグレーション」をご存知でしょうか。
本記事では、ライブマイグレーションの特徴を紹介したいと思います。

仮想マシンの移動とは

そもそも、なぜ仮想マシンを別のコンピュータに移動させなければならないのでしょうか。その必要に駆られるものとして3つのシチュエーションがあげられます。

  • コンピュータの劣化によるもの
  • バージョンアップにより環境を変更しなければならないもの
  • コンピュータの部品交換やメンテナンスによるもの

このうち、ライブマイグレーションが有効とされるのは3つめのシチュエーションの場合です。では、なぜこのシチュエーションの場合にライブマイグレーションが有効なのでしょうか。

ソフトウェアやOSを止めなくてもよい

ライブマイグレーションによる移動は、ソフトウェアやOSの一時停止が伴いません。なので、サービスやパフォーマンスを維持したまま仮想マシンの環境変更が実施できるのです。

移動回数が他のシチュエーションより多い

3つめのシチュエーションの場合、現行のコンピュータからの移動と、移動先から元のコンピュータに戻す移動を考えなければならないので、他のシチュエーションよりも仮想マシンの移動の回数が多くなります。
その都度、パフォーマンスやサービスが止まってしまっては企業の運営などに支障をきたす場合もあるので、ソフトウェアやOSを止めずに環境変更をしてくれるライブマイグレーションが有効とされています。

シチュエーションに合った選択を

予想されるトラブルには、それぞれに合った対処法があるものです。自分が置かれている状況に合わせて適切な処置を施しましょう。