仮想マシンを使う方は必見!ライブマイグレーションとは?

Windows上で別のOSを動かすことのできる仮想マシンを用いて様々なことを行うことができます。
例えば、アプリケーションのテスト用の環境が欲しいときや、旧式の環境を保存しておきたい時など、現代社会では大活躍です。
本記事では、そんな仮想マシンを使う方にとってはとても便利なライブマイグレーションという機能を紹介します。

ライブマイグレーションとは

簡単に言えば、プログラムやアプリケーションを実行させている仮想マシンを別のコンピュータに移動させる機能の事です。
例えば、稼働元のコンピュータのメンテナンスや、部品交換をするために稼働させているコンピュータの電源を落とさなければならないという状況で、一時的に移動させる際などに使われます。

ライブマイグレーションのメリット

ライブマイグレーションの最大の特徴でありメリットは、仮想マシンを移動させる際に稼働しているOSやソフトウェアを終了させる必要がないという点です。
なので、移動の度に再起動させたり設定しなおしたりという手間がかかりません。
実際に企業などでも使われているそうで、サーバーやコンピュータ間を移動させなければいけなくなった際にコストや移行期間が大幅に削減されて助かっているという声も挙がっています。
もちろん、個人で研究をしている方も使用できる機能なので、企業での使用に限らず有用な機能であると言えるでしょう。

仮想マシンの移動の新常識になるかも

これまで、メンテナンスや部品交換に伴って仮想マシンを移動させなければいけないという状況に嫌気がさしていた方も、この機能で快適な運用・研究ができるかもしれません。
仮想マシンを移動させなければならない状況になった際にはぜひお試しください。

関連する記事