仮想マシンでトラブルが起きたら?

情報化社会と呼ばれる現代、テスト環境としてや旧環境の保存として日ごろから仕事や研究などで仮想マシンをお使いの方が多いと思います。
そんな仮想マシンで困った場面に遭遇したことはありませんでしょうか?本記事では、想定される状況に応じてどのような解決策が有効かご紹介したいと思います。

ソフトウェア開発元のサポートが切れたとき

こうなった時には、同じ動きをしてくれるシステムを構築しなければいけません。また、コンピュータが老朽化して元の環境がなくなる際も同様です。
このように、元のソフトウェアを破棄し、新しく構築することをレガシーマイグレーションといいます。

システムの更新で環境を新しくしなければならない

こうなった時には、システムを新しい環境で動くようにしなければなりません。その際、内容を新しい環境に適した形に変換しなければなりません。
このように内容を変換し、新しい環境に適応させることをデータマイグレーションといいます。

コンピュータの部品交換などのために、一時的にシステム環境を変更しなければならない

こうなった時には、システムを新しい環境に移動させなければなりません。しかし2点目と違うのはメンテナンスが終わった後、もう一度元の環境に移動させなければならないので移動回数が1回多いのです。
そのたびにサービスやパフォーマンスが止まっていては業務に支障が出るため、サービスやパフォーマンスを止めずに環境を変えるという方法を取ります。これをライブマイグレーションといいます。

仮想マシンのトラブル

仮想マシンにトラブルが起こると、他のPCで動かしたりするのが基本的な解決策となります。その際にどのようにして機能を移動させるかが状況によって違ってくるので、状況をよく見極めて適切な対処をしましょう。

関連する記事